小児眼科

お子さんの視力について

弱視

生まれたばかりの赤ちゃんは、視力はかなり低く、明るさがわかる程度だと言われています。そこから少しずつ視力が発達していき、5歳くらいには視力がおよそ1.0になります。しかし、視神経が十分に発達せず、視力が上がらないことがあります。これを弱視と言います。

斜視

通常は、左右の眼は同じ方を向いていますが、片方の眼だけが違う方を向いていることがあり、これを斜視と言います。斜視になると両眼の焦点が合わないため遠近感が掴みにくく、場合によってはものが2つに重なって見えることもあります。

検査

弱視や斜視になっていたとしても、お子さんが自分で見えづらさを訴えることはほとんどありません。そのためご家族の方が検査を受けさせてあげたり、普段の生活の中で気づいてあげたりすることが大切です。検査は3歳頃から受けられますので、ぜひお気軽にお越しください。

ご家庭でのチェックリスト

目つきが悪い
正面にいても目線がこちらを向かない
何かを見る時、片目をつぶっている
何かを見る時、顔を傾けている
片目を隠すと嫌がる
かなり近い位置でテレビや絵本を見ている
眼球が揺れている
空を飛んでいる鳥や飛行機が見えていないようだ

これらに当てはまる時は、早めにご相談ください。

治療

弱視や斜視が治療できる期間は限られており、原因によって多少前後しますが目安として小学校入学までには治療を開始したいところです。

まずは眼鏡を作り、「正しく見る」ことに慣れてもらう必要があります。弱視の場合は「見る」ことの積み重ねで視神経が発達し、視力が上がっていきます。また斜視の場合は両眼の視線を合わせるための特殊なレンズを使うこともあります。なお、弱視・斜視の治療に必要な眼鏡を作る際は、保険が適用されます。

さらに、弱視・斜視の治療に欠かせないのが視能訓練です。当院には弱視・斜視の専門的な治療を行うことができる視能訓練士がおり、ご来院時に治療のためのトレーニングを行っています。

親御さんへ

繰り返しになりますが、弱視や斜視の治療は時期が決まっており(だいたい3歳~6歳)、それを過ぎると回復の見込みがなくなってしまいます。

ある程度子供が成長して聞き分けがよくなってから治療を受けさせようとすると、手遅れになる可能性がありますので、少しでも気になる仕草などがありましたらすぐにご相談ください。お子さんは自分で「見えない」ことに気づいていないことがほとんどですので、ぜひ親御さんがしっかりと確認してあげるようにしましょう。

ご相談はお気軽に

米沢市の眼科、花沢アイクリニックは、白内障などによる視力低下、メガネやコンタクトレンズ処方、ドライアイ、花粉症、子供の弱視・斜視など、眼に関することなら何でもお気軽にご相談いただける地域のホームドクターです。どんな症状でも、まずはお早めにお越しください。また、女性ならではの、美容メニューもご用意しています。「見る」「見られる」は美容と大きな関わりがありますので、お顔のシミ・シワについても併せてご相談ください。

  • 0238-40-0606 HPを見たとお伝えいただければスムーズです
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
  • まつげ外来・コンタクト初診 WEB予約はこちら